世界絶景散歩                          

海外旅行で一眼レフカメラ撮影の、絶景散歩をアップするブログです。

スペイン&ポルトガル(リスボン)旅行

2015年(H27.2.5~2.14)スペイン&ポルトガルリスボン10日間の旅、ツアーにてルフトハンザ航空ミュンヘン経由で行きました。

 

 一日目・・・羽田空港発12:55分 ミュンヘンまでの飛行時間12時間05分

        (※伊丹空港から羽田空港までは自分のJALマイレージで)

       時差(日本/ミュンヘンバルセロナ) -8時間

       ミュンヘン着17:00分

       ミュンヘン発19:15分

       バルセロナ着21:20分     バルセロナ

 

 二日目・・・ホテルを7時30分に出発して、バルセロナの街が一望できるモンジュ

        イックの丘を目指します。2月バルセロナの日の出は遅く、8時頃に

        ならないと太陽が出てきません。朝の最低気温も10度を下回ります

        モンジュイックの丘に着いた頃には、太陽が昇り始めバルセロナの街

        並みを照らし、ひときわサグラダ・ファミリアが目立ちます。

        これから世界遺産でもあるサグラダ・ファミリアに向かいます。

        サグラダ・ファミリア入場券チケット購入の際のパンフレットから

        一部抜粋です。【サグラダ・ファミリア(聖家族教会)は2010年11月

        7日に教皇ベネディクト16世によりバシリカ(大聖堂)として、

        公開された神聖な礼拝所となりました。1882年、大聖堂の初代建築

        家フランシスコ・デ・パウラ・デル・ピリヤールの設計によるこのプ

        ロジェクトの礎石が置かれました。その後、アント二・ガウディがこ

        の建築を引き継ぎ、大聖堂をより優れて革新的なものに発展させるた

        めに取り組み、以後43年にわたって建築に打ち込み、今日もなおガウ

        ディが準備した模型に従って建築が続けられています。大聖堂の周

        囲の全てが完成すると、8,000人を収容できる広さを持つ礼拝堂に

        なります。】 

        入場券売り場は、たくさんの行列です。内部は柱の大きさと天井の高

        さに圧倒されます。それに彫刻とステンドグラスには思わず、ため息

        が出ました。サグラダ・ファミリア全体の撮影スポットは、正面池の

        ある公園からです。特に池に映り込むサグラダ・ファミリアの夜景が

        絶景です。ガウディの作品でもある「グエル公園」に行きたかったん

        ですが、行程には入ってなく、「カサ・ミラ」「 カサバトリョ 」は

        車窓観光となりました。その後、バルセロナ旧市街地を散策し、

        タラゴナ観光で「ラスファレス水道橋」を見て、今夜はバレンシア   

        泊です。  

     

f:id:naka5630043:20180918094800j:plain

f:id:naka5630043:20180918094854j:plain

f:id:naka5630043:20180918094914j:plain

f:id:naka5630043:20180918094920j:plain

f:id:naka5630043:20180918094925j:plain

f:id:naka5630043:20180918094929j:plain

f:id:naka5630043:20180918094934j:plain

f:id:naka5630043:20180918094940j:plain

f:id:naka5630043:20180918094944j:plain

f:id:naka5630043:20180918094949j:plain

f:id:naka5630043:20180918094953j:plain

f:id:naka5630043:20180918095000j:plain

f:id:naka5630043:20180918095005j:plain

f:id:naka5630043:20180918095009j:plain

f:id:naka5630043:20180918095014j:plain

f:id:naka5630043:20180918101052j:plain

 

 

 三日目・・・今日は城塞都市として世界遺産になっている「宙吊りの家」クエンカに

        行きます。その名のとおり断崖に家が建てられています。うっすらと

        雪が積もっていました。昼食後、一路首都であるマドリッドを目指し

        ます。マドリッドでは、カリャオ広場、マヨール広場、サン・ミゲル

        市場を巡り、市場でつかの間の自由行動です。かの有名な「イベリコ

        豚」があります。そして「バル」と呼ばれる日本で言うと、居酒屋も 

        ありました。夕食はそのバル風レストランでとり、今夜はマドリッド

        で泊です。

        

f:id:naka5630043:20180918142713j:plain

f:id:naka5630043:20180918142723j:plain

f:id:naka5630043:20180918142727j:plain

f:id:naka5630043:20180918142731j:plain

f:id:naka5630043:20180918142736j:plain

  

 四日目・・・午前中マドリッド市内観光です。「プラド美術館」「王宮」は施設への

        入場はなく、施設外からの観光でした。「国立ソフィア王妃芸術セン

        ター」は入場観光で、写真撮影も可能です。昼食後、マドリッドから

        南へ70Kmくらいのところに古都「トレド」があります。

        『もし、1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行

        け』と言われるくらい、有名な観光地です 。そのトレドが一望できる

        撮影スポットから絵葉書にもなりそうな、一枚を超広角レンズで撮り

        ました。絶景です。その後、マドリッドに戻り、泊です。

 

f:id:naka5630043:20180919103309j:plain

f:id:naka5630043:20180919103314j:plain

f:id:naka5630043:20180919103319j:plain

f:id:naka5630043:20180919103323j:plain

f:id:naka5630043:20180919103328j:plain

f:id:naka5630043:20180919103333j:plain

f:id:naka5630043:20180919103338j:plain

f:id:naka5630043:20180919103343j:plain

f:id:naka5630043:20180919103347j:plain

f:id:naka5630043:20180919103352j:plain

f:id:naka5630043:20180919103357j:plain

f:id:naka5630043:20180919103402j:plain

f:id:naka5630043:20180919103826j:plain

 

  五日目・・・午前中、マドリッドから130Km中南部に位置するラ・マンチャ地方

        の白い風車群の観光です。風車はもともと風の力を利用して小麦や豆

        をひくもののようでしたが、今は観光用として置かれています。その

        後、ゴルドバへ。メスキータ入場観光です。コルドバにあるモスクの

        礼拝堂です。観光後は有名なアルハンブラ宮殿のあるグラナダで今夜

        は泊です。夕食後「フラメンコショー」に行きました。

 

f:id:naka5630043:20180919122523j:plain

f:id:naka5630043:20180919122527j:plain

f:id:naka5630043:20180919122531j:plain

f:id:naka5630043:20180919122535j:plain

f:id:naka5630043:20180919122539j:plain

f:id:naka5630043:20180919122558j:plain

f:id:naka5630043:20180919122544j:plain

f:id:naka5630043:20180919122548j:plain

f:id:naka5630043:20180919122553j:plain

 

 六日目・・・午前中、アンダルシア地方にある「グラナダ」という街でイスラム建築

        の最高傑作といわれアルハンブラ宮殿入場観光です。ギター独奏のト

        レモロ奏法「アルハンブラの思い出」でも有名です。観光客も多かっ

        たですが、日本で言えば中学生くらいの見学ですごい賑わいでした。

                             観光後、白い村「ミハス」に行きました。白い壁にお花があり、雑貨

        屋さんがたくさんある街並みです。女性には人気があるみたいです。

        散策中、2013年11月23日にオープンした「ミハス現代美術館」があ

        り、入館してみました。メディナ救済基金により運営されており、

        ピカソ、ダリ、ジョージ・ブラック、ミロ、そして日本人画家の

        藤田嗣治の作品が保存されていました。その後セビージャに移動し

        泊です。

f:id:naka5630043:20180919131957j:plain

f:id:naka5630043:20180919132002j:plain

f:id:naka5630043:20180919132007j:plain

f:id:naka5630043:20180919132011j:plain

f:id:naka5630043:20180919132017j:plain

f:id:naka5630043:20180919132022j:plain

f:id:naka5630043:20180919132027j:plain

f:id:naka5630043:20180919132034j:plain

f:id:naka5630043:20180919132047j:plain

f:id:naka5630043:20180919132041j:plain

f:id:naka5630043:20180919132052j:plain

f:id:naka5630043:20180919132057j:plain

 

 七日目・・・アンダルシアを代表する都市「セビージャ」の観光です。日本ではセビ

        リアとも言われているみたいです。午後からはいよいよスペインを離

        れポルトガルのエヴォラに入りました。その後リスボンに行き泊です

 

f:id:naka5630043:20180919133018j:plain

f:id:naka5630043:20180919133023j:plain

f:id:naka5630043:20180919133028j:plain

f:id:naka5630043:20180919133033j:plain

f:id:naka5630043:20180919133037j:plain

f:id:naka5630043:20180919133042j:plain

f:id:naka5630043:20180919133046j:plain

f:id:naka5630043:20180919133050j:plain

f:id:naka5630043:20180919133055j:plain

 

 八日目・・・いよいよ今日が最終日です。ポルトガルは首都であるリスボンしか観光

        しません。まず、ヨーロッパ大陸最西端の「ロカ岬」に行きました。

                             その後、ジェロニモ修道院に入場観光し、 ヴァスコ・ダ・ガマが安

        置されている棺を撮影しました。それから「発見のモニュメント」

        「ベレンの塔」を巡り、近くの道路に大航海時代当時の地図がありま

        した。ポルトガル南アフリカ喜望峰、それと日本です。驚きです

        リスボン旧市街地を散策して、終了となりました。明日帰国です。

       リスボン発12:20分 フランクフルト経由

       フランクフルト着16:30分

       フランクフルト発18:00分

       羽田空港着13:05分(※翌日)

        

f:id:naka5630043:20180919135438j:plain

f:id:naka5630043:20180919135443j:plain

f:id:naka5630043:20180919135449j:plain

f:id:naka5630043:20180919135453j:plain

f:id:naka5630043:20180919135457j:plain

f:id:naka5630043:20180919135504j:plain

f:id:naka5630043:20180919135509j:plain

f:id:naka5630043:20180919135514j:plain

f:id:naka5630043:20180919135518j:plain

f:id:naka5630043:20180919135523j:plain

f:id:naka5630043:20180919135528j:plain

f:id:naka5630043:20180919135823j:plain

                                                   

travelphoto5.base.ec